優しい治療

病気の治療というのは、しばしば、ひとの身体に負担をかけるものです。
いわばどこかのネジが自然に外れかけているものを、外から手を加えて締め直すのが病気の治療というものですから、「こうやって手を加えるしかないのだ」という状況も少なからず存在しているのです。
病気にかかった人の身体には負担をかけてしまうけれど、ネジを締めるためにはこれしかないのだ、という方法が。

その一方で、「身体に優しい病気の治療」というものもまた存在しています。
或る病気に向き合うとき、医療に従事する人たちは、まずはその病気を治す方法を探し出し、そのあとでより患者さんの身体に負担をかけない、「優しい治療」の模索を行うのです。
たとえば、膵臓がんや乳がんの治療方法として存在する〈免疫細胞療法〉というのはその例のひとつ。

免疫細胞療法は、それまでは外科的な手術や放射線治療などが挙げられる「がん治療」の中でも最新のものになっています。
膵臓がんや乳がんだけでなく、そのほかのがん治療にも免疫細胞療法が採用されていますが、今回は特にこの二つのがんを取り上げました。
膵臓がんと乳がんにはそれぞれに、特筆すべき特徴があるからです。その特徴を踏まえつつ、この治療について見ていきたいと思うわけです。

ここでイントロダクションとしてひとこと書いておくとするなら、膵臓がんの場合も、乳がんの場合も、免疫細胞療法の根底にあるものは変わらない、ということになるでしょう。
この療法で基本に置かれるもの――それは、僕たちの身体に備わっている「或る機能」なのです。

話題のサイト

実績で有名な乳がんのNKクリニックなら
免疫細胞療法でがんを治そう|池袋がんクリニック
膵臓がんを克服するなら|岡山NKクリニック
研究には欠かせない免疫沈降法について:株式会社ベリタス

がんの中で一番死亡率が高く難しいとされる肺がんも、免疫細胞療法なら身体への負担も少なく安心して治療が進められます。ぜひ検討してみてください。

Calendar
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
Category
  • カテゴリーなし